害獣被害の代表例|ネズミ駆除は専門業者へ

婦人

鳩による鳥害

沢山のハト

ネズミやイタチ等の害獣、ハチやゴキブリ等のことを害虫といい、そういった害獣や害虫という言葉はよく耳にするかと思います。しかし、近年では鳥による鳥害というものもあり、その認知度は徐々に高まってきました。鳥害というのはカラス等の鳥による被害のことを指し、特に都市部では鳩による鳥害が多くみられるようです。
鳩と聞いて特に害はないように感じる人もいるかと思いますが、その害は様々です。鳩による被害には糞害、騒音、衛生被害等といったものがあり、それらは大抵の場合まとめて発生します。マンションやアパートのベランダでの被害が特に多く、その理由として鳩が木の変わりとしてベランダの柵に止まってしまうことが主となっています。その習性として同じ場所に糞をするといったものがあるため、一度ベランダにやってきて糞をするとそれから定期的にやってきては糞をするでしょう。そのうえ、次第に数を増やしその鳴き声に悩まされることにもなります。鳴き声による騒音被害によって隣人から苦情が入ったという理不尽な事例もあるため気が休めることはできないでしょう。また、糞にはクリプトコッカスという真菌が含まれている場合が多く、このクリプトコッカスは糞が乾燥することによってその塵が風に舞い上がった際にその塵に一緒に付着しています。そういった塵を吸い込んでしまうとクリプトコッカス症に掛かってしまう可能性がでてきてしまいます。クリプトコッカス症に掛かると肺炎などの症状がでてしまいます。これが糞害と共に起こる衛生被害になります。こういった被害を起こってしまった場合には鳩駆除の専門業者に駆除を依頼することをお勧めします。専門業者は確実な駆除を行ってくれるため、再びそういった起きないような措置も施してくれます。トラブルが大きくなる前に駆除を依頼しましょう。